転生しちゃったよ(いや、ごめん)6巻最新刊のネタバレやあらすじ・結末をご紹介

転生しちゃったよ(いや、ごめん)6巻最新刊のネタバレやあらすじ・結末をご紹介

現在、人気上昇中のマンガ「転生しちゃったよ(いや、ごめん)

寺尾の痕跡を発見した遠足も終わり、今度は運動会!

サンとウィルの目標、飛び級の成績にも加算されるということで優勝を目指し猛特訓をはじめる!

しかし、水泳はみんな未経験、剣術は魔法禁止と問題だらけなことが判明。

そこで皆の得意なことを整理し、本気で勝ちにいく負けず嫌いのウィル。

先輩たちへの聞き取りやエイズーム白騎士団長である父・キアンの剣術指南、過去の資料調査など工夫を凝らし練習をするなか、怪しい少年が陰で暗躍していた――ドタバタ運動会編!

天才少年の魔法無双ファンタジー、待望のコミカライズ第6巻!!

一回読んでしまうと、どんどんハマってしまうストーリーですよね。

絵も可愛かったり、内容も面白く見ていてもう止まりません(笑)

しかし「転生しちゃったよ(いや、ごめん)6巻のあらすじやネタバレを知りたい」「転生しちゃったよ(いや、ごめん)6巻の結末はどうなんだろう…」と気になっている方もいらっしゃるみたいですね

そこで今回は、転生しちゃったよ(いや、ごめん)6巻最新刊のあらすじやネタバレ、結末、感想や見どころなどについてご紹介していきたいと思います。

今すぐ無料で読む≫

転生しちゃったよ(いや、ごめん)6巻最新刊のあらすじ

「やとやにわ ヘッドホン侍」先生による大人気漫画『転生しちゃったよ(いや、ごめん) 』。

ウィルは、シロに前世について尋ねられます。

シロは、主のウィルがエイズームが話していた「仲間」と知り安心します。

ウィルも、エイズームが寺尾である可能性が出たことで、今はそれで十分だと感じました。

学校では、運動会に向けて皆が盛り上がっています。




転生しちゃったよ(いや、ごめん)6巻最新刊のネタバレや結末

「主も二ホンというイセカイからから来たのか」シロがウィルに尋ねます。

それは、前の主にとっても大事なことだからです。

「シロ、今からいう事信じてくれるか?」ウィルはシロになら話しても大丈夫だと思いました。

「俺は日本人だった」

「だった?」

ウィルは不慮の事故で亡くなってしまい、そして今の世界に生まれ変わりました。

「日本人の時の記憶を持ったまま」

「生まれ変わった…」

ウィルは、シロの前主も同じではないかと尋ねます。

エイズームは二ホンから来たばかりの時にシロを召還したと言っていました。

但し、その時の彼は子供ではなかったと言います。

「それって…転生以外にこの世界に来る方法があるってこと?」ウィルは前のめりに尋ねます。

「すまんな主、我にはそのあたりのことはさっぱりわからん」

「いやいいよ、俺だってわかんないし」

しかし、シロには一つだけ分かったことがあります。

それは、ウイルとエイズームは違いはありますが、日本から来た仲間だという事です。

(…そうか、会えたぞエイズーム、お前が待っていた仲間に…)

「我の主は二人とも故郷が同じか、『シロ』って名前もさぞ壮大な意味だろうなあ」とシロは笑いかけました。

(見た目の色ってことは絶対黙っとこう…)ウィルは顔を引きつらせます。

彼にも一つ分かったことがありました。

それは、あの日寺尾は彼と一緒に死んではいないということです。

「…シロ、俺も聞いていい?エイズーム王のこと…」

「いいぞ!なんでも聞いてくれ!}

ウィルは日本で「神崎翔」という名前がありました。

「エイズーム王は『テラオ』とか『アズマ』とか名乗ってなかった?」

「すまない聞き覚えがない、アイツはエイズームそれだけで十分だったしな…」

冷静に考えれば、日本の時の名前を名乗るかどうかは状況次第だとウィルは悟りました。

エイズームは急に現れた異邦人でしたが、苦境にもめげず楽しそうだったと言います。

「それ故か、王になってもうまくやっていたし」

彼はいなくなる前まで、ずっと楽しそうにしていました。

シロは「テラオ」がウィルの友人か尋ねます。

寺尾はウィルと親友同士で、彼が事故にあった時近くにいました。

それを聞いて、シロは疑問が解消されました。

一方、ウィルには寺尾がエイズーム王である可能性がまだ残っています。

ただ、寺尾が八年前の事故で亡くなっていないことは分かりました。

ウィルにとって、今はそれだけで十分でした。

「ありがとうシロ!」

「うむ、ではおやすみ」シロは姿を消します。

翌朝。

「おはよーみんな!」ウィルはハツラツとあいさつしまた。

「おっはよー」「ウィル君どうしたの?何かいいことあった?」セフィスとメリアが尋ねます。

ウィル自身よく分からないものの、朝からずっと上機嫌でした。

「いい夢でもみたのかなあ」とメリア。

「そうなの?」とセフィス。

「いやそういうわけじゃないないんだけど…」ウィルは今を一生懸命頑張ろうと思ってると応えます。

それをミイが冷やかしました。

ウィルは気にせず、友達が楽しそうなら、それで構いませんでした。

昼食の時間になり、食堂は運動会の話で持ちきりです。

「でもさ!私たちってウィルがいっしょなら楽勝じゃない?たしか魔法使っていんだよね」とセフィス。

「そうだとしてもチーム戦でしょう?」とメリア。

ミイは、一人だけ柱にすると崩れた場合、敗北するのは必至だと言います。

「皆でばんばろう!そしたら大丈夫だって!」ウィルは笑顔で応えました。

「お!いつもはクールにかまえようとするくせに!」今度はサンが冷やかします。

彼はウィルの抗議を無視して、「はいはい皆でがんばろう!」と拳を突き上げました。

しかし、この時の彼らはまだ知りませんでした。

それは、彼らの何気ないやり取りは、盛大なフラグだったという事です。

教室で、教師が来月の運動会の説明をしています。

行う競技は水泳と剣術、そしてかけっこです。

五人一組でチームをつくり、そのチームで三つの競技に挑み、勝ちの一番多い組が優勝となります。

ウィルたち5人は当然のようにチームになっていました。

ところが、教師から剣術では魔法が禁止だと聞き、5人は青ざめるのでした。

今すぐ無料で読む≫

転生しちゃったよ(いや、ごめん)6巻最新刊の見どころや感想

シロにとっては、ウィルは掛け替えのない主です。

それ故、シロはウィルの素性を知りたかったのでしょうね。

ウィルは、神崎翔の頃の記憶をもったまま転生していました。

そこには何か特別な意味があるのでしょう。

事実、エイズームは王様となって活躍しています。

彼もまた、日本人だった頃の記憶があったようです。

但し、エイズームが転生した時は既に大人であり、彼が寺尾である可能性は薄くなりました。

ウィルにはモヤモヤ感は残りましたが、シロにとっては疑問が晴れたことになります。

それは、エイズームが語っていた「仲間」に会えたからです。

それだけでも、ウィルやシロにとって十分なんでしょうね。




転生しちゃったよ(いや、ごめん)6巻最新刊のネタバレやあらすじ・結末をご紹介【まとめ】

いかがだったでしょうか?

今回は、転生しちゃったよ(いや、ごめん)6巻最新刊のあらすじやネタバレ、結末、乾燥や見どころなどについてご紹介していきたいと思います。

とても面白く、人気な作品となっております。

転生しちゃったよ(いや、ごめん)は一度見ると、どんどんストーリーの世界観に引き込まれていきます。

もし気になる方がいらっしゃいましたら、是非こちらの記事を参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です