失恋未遂14巻最新刊のネタバレやあらすじ・結末をご紹介

失恋未遂14巻最新刊のネタバレやあらすじ・結末をご紹介

現在、人気上昇中のマンガ「失恋未遂

ひどい別れ方をした彼氏と10年後に、仕事で再開。

「私達は終わったはずなのに…」

思わせぶりな元カレの言動に振り回される奈乃花。

私は彼が大好きで大好きで…

でも彼は…嘘をついていた。

とてもハラハラドキドキする内容となっていて、一度世界に入り込むと夢中になってしまいますよね。

そこで今回は、失恋未遂14巻最新刊のあらすじやネタバレ、結末、感想や見どころなどについてご紹介していきたいと思います。

今すぐ無料で読む≫

失恋未遂14巻最新刊のあらすじ

「高宮ニカ イアム」先生による大人気漫画『失恋未遂』。

泉は時峰に対する自分気持ちに気づきます。

彼女は彼氏の圭太とは別れていましたが、それを時峰に打ち明けられません。

泉は仕事面でも悩んでおり、それを知った時峰に優しくされます。

そこで、時峰は泉を観覧車に誘いました。

観覧車の中で、時峰はユキとの関係を断つ決心をします。




失恋未遂14巻最新刊のネタバレや結末

泉は目覚ましの音で目を覚まします。

あれから一週間、彼女は自分の気持ちに気づいてしまいました。

夜には、時峰が部屋に来ることになっています。

(どんな顔して会えばいい?)泉の頭は不安で一杯です。

その時、玄関のドアがノックされ、「こんばんは」と時峰が顔を見せました。

「今日は彼氏さん来ないの?」との彼の言葉にドキッとしながら、泉は「…来ないわよ」と平静を装います。

「じゃあ、俺の部屋行こうか」と言って、時峰は泉の手を握り部屋に連れ込みました。

2週間していない彼は「もう限界」と、泉の体を玄関で抱きしめます。

泉は抵抗できなくなり、そのままベッドに押し倒されました。

時峰に抱かれながら、泉は彼の肌の温かさも匂いも何もかも手放さないと強く感じます。

事が終わり、時峰は「出るの面倒だし、パスタでいい?」と尋ねます。

「うん、ありがと」と泉は応えながら、圭太と別れた事や彼の思いを絶対に口にしまいと心に決めました。
それは、時峰に知られたら、終わってしまう関係と分かっていたからです。

センター試験まで約1ヵ月、泉が務める塾では室長がハッパをかけています。

時峰とのデートの日、「あれ珍しいね、今日、個室?」と泉は部屋を見まわします。

それに対し「センセーのその疲れた顔、そんなのあんまり見られたくないでしょ」と時峰が応えました。

彼が泉に頑張る理由を尋ねると、「なんだろ、存在価値とか?」と彼女は答えます。

時峰は笑いながら「そんなの俺が認めてあげるよ」と告げます。

泉は、彼の優しい言葉に思わず涙がこぼれました。

とある日の水曜日、泉の部屋で彼女が時峰のために夕食を用意しています。

その様子を見ながら、時峰は顔をほころばせます

夕食後、泉は体の関係がなくても彼に必要とされていると嬉しくなりました。

「朝だよー」

翌朝、コタツで寝ている彼女に、時峰は声を掛けてキスをします。

泉は初めて彼に唇にキスされ、動揺してしまいました。

それは、体の関係はあっても、彼が唇にキスすることはなかったからです。

予備校では、泉が室長に怒鳴られています。

それは、彼女が担当する国語において、センター試験の平均点が低かったためです。

その日の夜、泉はベランダで声を押し殺して泣いていました。

それを見た時峰は、火曜日にも関わらず、自分の部屋に泉を招き入れました。

彼女は、時峰の腕の中で思いっきり泣きます。

泉が落ち着いたのを見て、彼は「嫌なことを忘れるにはセックスが一番だよ」と彼女をソファに押し倒しました。

泉は(今抱かれたら益々好きになってしまう)と焦り、彼を押しのけて玄関に向かいます。

次の日の夜、二人は観覧車に乗りに来ています。

泉にとっては久々の観覧車で、キラキラ光る夜景にうっとりします。

時峰は彼女に「カレシと来ないの?」と尋ねられますが、泉はあいまいな返事で誤魔化します。

すると、時峰はおもむろに「方丈記」の1節を口にしました。

彼に訳すように言われ、呆れながら彼女は意味と伝えます。

「人も世の中も変わりやすく儚い。全てのモノは無常」

彼女の完璧な訳を聞き、時峰は思わず吹き出しました。

それから彼は真剣な表情になり、彼女であるユキに連絡を絶たれたと告白します。

ユキには別に婚約者がいましたが、時峰は彼女と駆け落ちしようと考えていたと言います。

「人の心は変わっていくんだね…」寂しそうにつぶやく彼に対して、泉はかける言葉が見つかりませんでした。

その時、観覧車が頂上に差し掛かります。

時峰はスマホから泉の連絡先を消去すると、泉を引き寄せて抱きしめました。

その後、二人はお酒を飲んで帰宅します。

泉が自分の部屋に戻ろうとすると、時峰は「昨日の続きしよ?」と彼女の腕をつかみました。

ベッドに押し倒されながら、泉は電気を点けてほしいと呟きます。

真っ暗なままでは、自分がユキと重ねられると感じたからです。

しかし、その呟きは彼の耳に届かず、泉は暗闇の中で抱かれながら涙をこぼしました。

その頃、ユキは時峰からの着信履歴を見つめていました。

その表情には、何処か思い詰めたところがありました。

今すぐ無料で読む≫

失恋未遂14巻最新刊の見どころや感想

泉は、時峰に対する愛情に気づいてしまい、戸惑いを覚えています。

彼には本命の彼女がいるので、自分が彼を好きなっても苦しむだけだと分かっていたからです。

それでも、毎水曜日に時峰が来ると、彼の誘いを拒むことができません。

それは、体が求めているのと共に、心も求めていたからですね。

泉自身は圭太とは別れていましたが、それを打ち明けると、後戻りできなくなる恐れがありました。

そのため、時峰に彼氏に関して尋ねられる度に、何とか誤魔化さざるを得ませんでした。

そんな時、時峰はユキとの関係を断つことを選びます。

泉は彼に抱かれながら、涙を流していましたね。

彼女は二人の関係に期待を抱きながらも、何処か不安を感じていたのでしょうね。




失恋未遂14巻最新刊のネタバレやあらすじ・結末をご紹介【まとめ】

いかがだったでしょうか?

今回は、失恋未遂14巻最新刊のあらすじやネタバレ、結末、感想や見どころなどについてご紹介していきたいと思います。

とても面白く、人気な作品となっております。

失恋未遂は一度見ると、どんどんストーリーの世界観に引き込まれていきます。

もし気になる方がいらっしゃいましたら、是非こちらの記事を参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です