【ハイパースケープ】PS4の感度設定・視野角のおすすめややり方【ハイスケ】

【ハイパースケープ】PS4の感度設定・視野角のおすすめややり方【ハイスケ】

ハイパースケープで「敵を倒したいけど全然倒せない!」などと悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

その中の1つに「感度が自分に合っていない」という場合があります。

ハイパースケープやAPEXなどFPS系のゲームをする場合、感度(エイム)は大事になってきます

そこで今回は、ハイパースケープでPS4での感度設定方法や感度のおすすめ、視野角のおすすめなどについてご紹介していきたいと思います。




【ハイパースケープ】PS4の感度設定のやり方【ハイスケ】

1.設定ボタンを選択

エスケープから設定を開きましょう。

2.コントローラーオプションから感度を設定

感度設定の「垂直感度」や「水平感度」、「ADS感度」など任意で設定を行い、自分に合った感度を設定しましょう。

3.感度の確認を行う

試合や練習場で、変更した感度を試してみましょう。

もし、感度がいまいち合わなければ、再度感度設定を行いましょう。

【ハイパースケープ】PS4の感度設定のおすすめ【ハイスケ】

垂直と水平は同じにする

オプションから設定できる「感度設定」の垂直と水平は、両方とも同じ数字でも特に問題はないでしょう。

上級者になってきますと、細かい設定をするようになってきますが、それまでは両方おない感度設定でも特に問題はありません。

垂直感度は、何もしていない状態の「上下」の動き

水平感度は、何もしていない状態の「左右」の動きになります。

練習場で感度合わせをする

ハイパースケープでは練習場に行く事によって、色々な武器を使用したり、ハックなどを試しに使用することもできます。

止まっていますが、マネキンがいますのでエイム練習をする事が可能です。

とにかく試合に沢山出る

ハイパースケープを含めFPSのゲームで、感度(エイム)を一番慣れさせるおすすめの方法は、試合に出場しまくる事です。

プロのゲーマー含め、上手い人はとにかく何度も何度も試合に出て、敵を倒す練習をしています。

もし、短期間で感度を良くしたいとなったら、試合に出場しまくりましょう。




【ハイパースケープ】PS4の視野角のおすすめ【ハイスケ】

視野角はプロと同じがおすすめ

視野角が狭すぎると「周りの状況の把握」や「動き回る敵」に対して不利な状況になります。

有名ゲームプレイヤーなどが設定している「視野角100前後」が一番おすすめになります。

もちろん、自分で一番良い視野角を見つけるのもありですが、まだ慣れていない場合は、100~105辺りがおすすめの視野角になります。

初期設定の65は避ける

視野角の初期設定は、65となっておりますが、こちらの視野角で試合に挑んでも、まともに戦えません。

視野角が少ない方が良い方でも、最低は90以上は欲しいですね。

【ハイパースケープ】PS4の感度設定・視野角のおすすめややり方【ハイスケ】まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、ハイパースケープでPS4での感度設定方法や感度のおすすめ、視野角のおすすめなどについてご紹介させて頂きました。

もし、ハイパースケープでPS4での感度設定方法や感度のおすすめ、視野角のおすすめなどについて知りたい方がいらっしゃいましたら、是非こちらの記事を参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です