痴情の接吻5巻最新刊のネタバレやあらすじ・結末をご紹介

痴情の接吻5巻最新刊のネタバレやあらすじ・結末をご紹介

現在、人気上昇中のマンガ「痴情の接吻

朝から晩まで濃密旅行&ライバル出現!?

高校の同級生との再会。最初は、やむを得ないルームシェアだった。

しかし彼は私をずっと好きだったと言った。僕のことを好きになってもらう、と言った。

本があれば満足な人生だった。なのに、彼はどんどん私の中に侵食してくる

とてもハラハラドキドキする漫画となっております。

そこで今回は、痴情の接吻5巻最新刊のあらすじやネタバレ、結末、感想や見どころなどについてご紹介していきたいと思います。

\今だけ完全無料キャンペーン中/

詳しく情報を知る

痴情の接吻5巻最新刊のあらすじ

「如月ひいろ」先生による大人気漫画『痴情の接吻」。

高校の同級生だった上条と和華が再会して付き合うようになってからのお話です。

ある日、和華がドアを開けたら、昔の上条がいた。

二人で京都旅行に行く。

上条が蜘蛛が嫌いで、和華が大好きという。

最後にもう一人の同級生である岳が出てきて、上条と和華の関係は?。




痴情の接吻5巻最新刊のネタバレや結末

17話 小さな訪問者

ある日和華が玄関のドアを開けると、高校時代の上条が立っていた。

それはもちろん本人ではなく、ドイツに住んでいる10歳も歳の離れた弟の薫だった。

和華は驚き、弟がいたことを知らなかったと告げるが、薫は兄と付き合っているくせにと冷たい態度をとる。

翌日仕事がある兄に変わり、和華が薫の案内役を務める。しかし、兄に対する態度と違って相変わらず薫は和華に対して冷たい。

しかし、途中薫の体調の悪さに気がついた和華は、大丈夫と言い張る薫を無理やり連れて帰る。

薫は、忙しい両親に代わって上条が、自分に日本語を教えてくれたことなどを話す。

兄は、自分にとって、兄弟であり、両親であり、先生のようであると話すのだった。

強がるところは兄弟そっくりと言いながら、温かいものを食べさせて眠りにつくまでそばにいる和華であった。

次の日薫はドイツへと帰って行った。

和華に対して次来る時までに兄に見合う人になっていろよと言いながら。

薫が、自分と好みが似ていると自覚している上条は、複雑な気持ちであった。

18話 いい日、旅立ち

次は上条と和華の二人で京都に旅行に行く話。

珍しく上条が和華に行こうと、引かずに主張して実現した京都旅行。

行ってみると、様々な文学作品に出てくるものが見られるところを廻ったり、食べ物も京都っぽいアイスのチョイスであったりと、全て和華のためのものだった。

また細雪、古都にもでてくる紅枝垂れ桜を見に行ったり、古本屋を見に行ったり。

極め付けは、川端康成が「古都」を書いたとされるお部屋での食事だった。

とても感動する和華に対して、上条は本を愛する和華の世界を守ることが自分の生きがいであると話す。

ただその世界にさえ嫉妬してしまい、どうしていいかわからないことがあると伝える。

いつもは、本が頭の中から離れない和華も、今日ばかりは自分のためを思い、旅行を考えてくれた上条な配慮に、自分の中が、侵食されていくのを感じるのであった。

19話 極楽は続く糸

いまだにスキンシップに慣れない和華であったが、少しずつ職場でも上条について話す機会が増えている。

そんな時、部屋で洗濯ものをたたむ和華のそばに蜘蛛がやってくる。

和華は慌てず急がす蜘蛛を外に逃す。

ところが、その様子を見て上条は固まっている。

もしかして、上条は蜘蛛が嫌い?

和華が上条に聞くと、そんなことはないと言い張る上条だが、嫌いなことは明白だった。

結局、上条は餌がなければ蜘蛛もいなくなるはずだと言って、掃除を二人で始める。

そのうちに、和華のアルバムを見つけた上条は、喜びながら写真を見る。

はにかむ和華をよそに、ご両親に関しても色々と聞く上条だった。

和華によると和華の両親はとても仲が良くて和華の前でもイチャイチャするほどだった。

しかし、和華はその関係性は、二人のものであり、自分が誰かとそのような関係性を築くとは思ってもいなかった。

そして、上条とのことは、両親と同じように特別かもしれないと和華は告白する。

熱烈な告白を受けて、上条は、自分は蜘蛛が怖いのではなく、和華を失うことが怖いのだと話すのであった。

20話 蛍の光

最後は、上条と和華の同級生岳のお話である。

岳は、和華に片思いしている。

それに上条は気付いているが、和華は気がついていない。

ある時和華と岳が一緒にした仕事が終わって、岳は和華を蛍鑑賞に誘う。

岳はもちろん和華と二人で行きたかったのだが、それを聞きつけた職場の人に上条も誘うよう促されて誘うことになる。

恥ずかしくて和華は気がすすまなかったが、上条に声をかけるのであった。

上条は岳に対して、まだ和華を諦めていないのかと少し嫌な気持ちになる。

また、その日は上条は仕事で出張が入っていたため、参加は難しいという話になる。

これはチャンスかも知れないと心踊る岳。

デート見たいと舞い上がった岳は、上条のことを話す和華の美しさに思わず歌にのせて告白してしまいそうになる。

そこへ、出張から帰ってきた上条がやってくる。

\今だけ完全無料キャンペーン中/

詳しく情報を知る

痴情の接吻5巻最新刊の見どころや感想

いつも思うのだが、全体として絵が綺麗で引き込まれる世界になっております。

また、上条の和華に対する思いが巻を追うごとに増していくようで、毎回ドキドキして読んでいます。

こんなにも上条に思われるとは、和華はどんなふうになっていくのだろうかと…。

そして、和華自身もそれを受けてどんどん変化していっているようにも思います。

上条に対しても、職場の同僚に対しても、はたまた自分に対してもである。

それに戸惑っている部分もあるし、ありがたく受け入れている部分もある。

どちらにしても愛は人をも変えるのだなあと思いながら私は読んでいます。

羨ましさと微笑ましさでまだまだ目が離せない漫画となっております。




痴情の接吻5巻最新刊のネタバレやあらすじ・結末をご紹介【まとめ】

いかがだったでしょうか?

今回は、痴情の接吻5巻最新刊のあらすじやネタバレ、結末、感想や見どころなどについてご紹介していきたいと思います。

とても面白く、人気な作品となっております。

痴情の接吻は一度見ると、どんどんストーリーの世界観に引き込まれていきます。

もし気になる方がいらっしゃいましたら、是非こちらの記事を参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です